正忍記を読む会のお知らせ

当時に眠る名取三十郎が書いた「正忍記」は日本三大忍術伝書の一つに数えられ、古来より忍者の姿を追求するための参考とされてきました。

その正忍記を学ぶ講座が年間を通じて開催されています。
一つの忍術書を定期的に年間を通じて勉強する会としては、日本で唯一と言ってもよろしいかと思います。

是非ご参加頂き、本当の忍術は生活の知恵だったという事を実感頂ければと思います。

正忍記を読む会 忍術講座

4月20日(金)
 午後1時半受付開始
 午後2時より

和歌山市手平2丁目1-2
ビッグ愛 8階C会議室にて

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

2月限定御朱印無事満願

画像

2月限定御朱印期間中、たくさんのご縁を頂き誠にありがとうございました。

忍者の日特別限定御朱印 2種

期間中慌ただしくも有り、皆さんとの出会い、再会の喜びも有り、日々が好日であったことは仏縁に感謝多謝でございます。

3月1日は、堂内整備、諸準備のため御朱印対応を全てお休みいたします。
(書き置きもございませんので、ご注意くださいませ。)
通常御朱印、朱印帳頒布再開は、3月2日を予定しております。

 

昨年の秋より準備し、作成した御朱印帳もやはり手裏剣が人気のようで、期間終了を待たずして頒布終了となりました。
しばらくお時間を頂戴し、なんらかの形で再頒布を企画したいと思います。

住職一番のお気に入りは、この名取流甲冑御朱印帳。
原画は名取三十郎正澄、ラインアートはアンドリュー・ドレンジャック(セルビア)
原案はアントニー・クミンズ(イギリス)、最終デザインは恵運寺住職である私。
洋の東西と、江戸期と現代の時代を超えた4人の合作です。
名取流のイメージカラー臙脂に金の箔押し。

扉朱印には、「本末文明」。
名取流「兵家常談」からの言葉です。
名取流の教えは、江戸時代紀州藩の侍の規範となる教えでした。
その内容には、仏教的な観念も多く取り入れられています。
物事には原因と過程が有り、結果が生まれる。
本末文明とは・・・
問題が起こったとき、人はとかく結果で判断しがちだが、問題に到った過程を分析し、原因を追求することが解決の近道である。


名取流甲冑御朱印帳は、残部少量ですが3月以降も引き続き頒布いたします。
※3月1日は御朱印受付はお休みです。
3月2日より御朱印受付は再開いたします。朱印帳頒布も同様。

 

期間中に多くの御朱印を揮毫押印いたしました。
全てにおいて見本通り、完璧な姿でお渡しできたかというと自信はございません。
理想はそうでありたいと願いますが、やはり人間という者には間違いがつきもの。
もし、お姿の違う朱印を手にされている方がいらっしゃるならば、ここに慎んでお詫び申し上げます。
そして、再訪のご縁とご理解頂き、またのご参拝をお待ち申し上げております。
再訪時に間違いをご指摘頂ければ、可能な限り対応させて頂きます。(但し、2月14日、2月22日はお控えください。また同じ過ちを繰り返すかもしれませんので・・・)

 

良きご縁に感謝。
そして早く春にならないか・・・

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

根来寺根来塗 限定御朱印あと2日

2月限定御朱印もあと2日。

本堂内では、名取流、篆刻、お雛様、朱印資料等各種展示を催し、待ち時間の間ご覧頂いております。

中でもお薦めが、本年初登場の「根来寺根来塗」のコーナー。

秀吉の根来攻めによって、各地に散らばった根来寺の職能集団。
中でも塗工の人々の卓越した技術は、その後各地に名産品となる漆器を生み出す礎となりました。

中世の技術を再興し、更に進化させた漆器が「根来寺根来塗」です。

刷毛目が美しく、使い込むほどに摺れ雅味が増していきます。


根来寺根来塗宗家 池ノ上曙山先生作「眞杯」
紀州藩初代藩主徳川頼宣公の位牌へ献杯する時の什器として使用しています。

近代漆器より更に丈夫な根来寺根来塗は、角の下地が剥離することなく、経年の摺れで下地の黒漆が顔を見せ、その風景に雅味が増します。
長持ちするので、とても経済的な漆器とも言えます。

根来塗師 松江那津子先生作「恵運寺硯箱」

硯箱納品の様子 左から池ノ上曙山先生、松江那津子先生、住職

 

根来塗曙山会提供画像 「根来 豆子」(室町期)

このような中世の漆器は全国各地で見つかっています。
依頼を受けた根来寺の漆工たちが制作し、自分たちで納品に行ったのではないかという話があります。

「根来忍者」和歌山・紀州の忍者と聞いてその名を思い浮かべる方も多いと思います。
忍者そのものの定義がどのようであるのかは、先日設立された国際忍者学会で今後定められていくでしょうが、惣国一揆のような自治集団を指すのであれば、根来忍者もあながち間違いではないかもしれません。

そして、各地へ納品に行くのが表向きとするならば、赴いた土地で情報を仕入れた諜報活動が裏の仕事であったのかも・・・

 

忍者に思いを寄せる2月。忍者の日限定御朱印。あと2日。

紀州ネコ忍「ニャン十郎」も今年登場の新顔。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村