御朱印のお知らせ

最後の改元記念特別御朱印

最後の一冊、書き上がりました。

そして全てのお預かり分について、発送完了いたしました。
お受け取り宜しくお願いいたします。

期間中は大変たくさんの御参拝をいただき、誠にありがとうございました。

実は、ここまで反響があるとは予想しておらず、1ヶ月限定にしておけばよかったかなと・・・お盆を目の前にして、すでにヘトヘトの状態でございます。

でも、来ていただいた皆さんに「味のあるダルマさんで何度でも見たくなる」とか「すごい迫力」とかという有難い感想を頂戴すると、筆が止まらず結局2ヶ月間書き切ることができました。皆さんのおかげです。ありがとうございました。

ご遠方はるばる来ていただいたにもかかわらず対応不可日だったり、書き込みめないサイズの御朱印帳しかお持ちになっていなかったり、一部の方には意に添えない結果となりましたことをお詫び申し上げます。

4面の記念御朱印は、これにて終了ですが、2面の令和達磨につきましては、時期を改め再開する予定でございます。またのご縁をお待ち申し上げております。

また、当初は6月の発表を予定しておりました紀州徳川家治世400年記念御朱印ですが、実は改元記念御朱印を書くことに必死で、発表できるほどにまだデザインを確定できずにいます。(何度も言いますが、ここまでとは思わなかったので、5月に御朱印書きながら考えるつもりでいました。見通しの甘さ。。。5月中旬にすでに諦めてしまいました・・・決断は早い?)

授与開始は当初から秋に予定していましたので、発表についても秋に延期させていただきます。こちらは長期にわたり授与可能とする予定ですので、どうぞ皆さん急かず慌てず、ご縁がございましたらご参拝くださいませ。

にほんブログ村 御朱印
にほんブログ村 和歌山(市)情報
にほんブログ村 曹洞宗

御朱印に息吹を・・・

浄土宗大阪教区西清堀組教化分団、御一行様をお迎えいたしました。
実は、皆さん大阪新四十八願所阿弥陀巡礼の御寺院様方です。

近隣の「首大仏」で有名な無量光寺様が同宗派であることから、そちらへご参拝の後、当寺にて研修会を開催されました。
研修会の内容はズバリ「御朱印」。

御寺院様方を前に緊張の住職

大阪新四十八願所阿弥陀巡礼 は、大阪の中心部に位置する浄土宗の御寺院様で構成された巡礼で、立地条件、歴史、各御寺院様の由緒等申し分ない条件なのですが、あまり知られておらず巡礼者も少ないという現状があるようです。
これは、当寺の属する「和歌山西国三十三箇所観音霊場」も、全く同じ状況にあり、今回、責任ある役目ながら講師を承り、「今後の御朱印のあり方」について寺院目線から講義させていただきました。

当寺の絵入り御朱印の歴史に始まり、御朱印を授与する心構え、御朱印の移り変わり、最近の傾向、御朱印ブームの問題点など、簡単なスライドを交えお話しさせていただきました。

実演も交え、巡礼者の心に届く御朱印の書き方とはいかなるものか、自問自答しつつの講義となりました。
熱のこもった質疑応答もあり、参加者皆さんの今後の御朱印に期待したいところであります。

最後にお決まりのポーズで記念写真。「ニンニン」

大阪新四十八願所阿弥陀巡礼 のホームページ

和歌山西国三十三箇所観音霊場も宜しくお願いします。

にほんブログ村 御朱印
にほんブログ村 和歌山(市)情報
にほんブログ村 曹洞宗

御朱印、2つのマナー違反!!

あのぅ2つだけとにかく守って欲しい。

御朱印頂く際には必ず参拝するとか、ネットで転売しない、とかよりももっと以前の問題。

・御朱印の受付時間は守って下さい!!

・身障者の駐車スペースに止めない!!

以上、2点。

どこの寺社仏閣でも同じだと思います。正午から午後1時頃までは、住職、神職の皆さんはお食事して休憩されているはず。
たぶんその時間、受付をお休みするところもあると思います。
当寺は、それを表記していますが、表記していないところでもほぼ同じようにお休みされていると思います。

「すいません、来ちゃいました」と言って玄関を開けて入ってくる方、お断りするのは非常に心苦しいのでどうしても対応してしまいます。そうすると全く休憩時間をとれない場合もあります。
もちろんこの休憩時間を利用して、やらなければいけない法務をこなしているときもあるので、予定がずれてしまい、結局夜遅くまで法務に追われる場合もあります。
当寺のように小規模な寺院や神社へのお昼頃のご参拝には、ちょっとだけお心遣いを。。。お願いします。

身障者の駐車スペースへためらいも無く駐車する健常者の方、結構多いですね。
当寺は先日駐車場を改修して、とても停めやすく広々した駐車場になりました。
一番停めやすいところ2台分を身障者スペースにしています。
周りにたくさん空いているスペースがあるにも関わらず、わざわざ身障者用のスペースに停めて、颯爽と駆け込んでくる人の多いこと。
昨日は、そんな人たち全員に声を掛け、駐車スペースを移動してもらってから受付を致しました。とても面倒でしたが徹底してもらいたいマナーだったので敢えて。
ご自身がもしそのスペースに停めなければいけない立場になった時、そんな健常者の姿を見てどう思うのか想像してみて下さい。
想像力の欠如、これがマナー違反を招く元。

この2つ。とにかく守って下さい。

にほんブログ村 御朱印
にほんブログ村 和歌山(市)情報
にほんブログ村 曹洞宗