お盆期間のお知らせ

<檀信徒各位>
大施食会 8月10日 午前10時より

お盆のお参りについて、日程のご確認をお願いします。
特に引っ越しされた方は、毎年の日程から変更となっています。

<改修工事について>
現在、一時休止しております。駐車場はご利用頂けますので、安心してご参拝下さいませ。
ただし、工事中のため足元が悪いので、参拝の際はお気を付け下さいませ。

<ご朱印参拝各位>
お盆期間中のため、御朱印の対応はお休みしております。
8月18日~31日までは、事前予約のみ対応いたします。
但し、18日~24日までは、地蔵盆期間のため予約可能日は限定されます。
地蔵盆期間予約可能日
8月18日 午後3時から午後5時まで
8月19日 午後2時から午後4時まで
8月23日 午前中、午後2時から5時まで
8月24日 午後1時から3時まで
(変動がございます。ご注意下さい。)
予約して頂いても、急な檀務により出かけることもあります。
その場合は、お預かり対応となりますので宜しくお願いします。
即時対応ご希望の場合は、前日に必ずご確認下さいませ。

<水子供養ご希望の方へ>
8月18日から24日まで 地蔵盆期間での予約を受付しております。
25日以降の予約希望はお問い合わせ下さいませ。

<郵送納経ご希望の方へ>
全ての対応は、8月16日以降となります。
お問い合わせ、お申し込みも8月16日以降の順次対応となります事をご了承下さいませ。

3連休の御朱印と上映会とヨガ

3連休の御朱印について
当寺はただ今絶賛工事中です。
足元も悪いですし、駐車場も使用できません。
もし、この3連休でなくても次の機会があるという方は、少し日延べして下さい。
どうしてもこの3連休でないと・・・という方は、16日なら対応はできます。
但し、駐車場はありません。それと事前予約をお願いします。
3連休中は、16日のみ対応可能です。それ以外の日は書き置きのみ対応となります。お預かりした場合、返送は火曜日以降になります。(基本的にお預かり対応も致しかねます。)

 

お寺ヨガ~つきわ~のご案内
7月28日(土) 午後1時半開場、午後2時より(60分程度)
参加料1000円(一部災害義援金とします)

 

7月15日に開催される上映会の直前告知です。
お米と共に生きてきた日本人であるからこそ、ごはんを大切にしたい。

全国で今夏公開されますが、和歌山県では当寺のみとなります。
貴重な機会ですので、是非足をお運び下さいませ。(お子様歓迎)

平成30年7月15日(日) 午後3時より上映開始(70分ほど)
2時30分開場

和歌山市吹上3-1-66 恵運寺本堂にて

料金:大人1000円 小学生500円 乳幼児無料
(非営利ですが上映権料のみ徴収させて頂き、余剰分は災害義援金とします)


尚、上映日は山内の改修工事中です。足元が悪いのでお気を付け下さいませ。
山内の駐車場が満車となる可能性があります。近隣の有料駐車場もしくは公共交通機関のご利用をお勧めいたします。

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

 

 

 

クスノキの伐採

坐禅会のお知らせ 6月10日(日)午後1時30分より 初心者講習

 

境内の工事が進行中で、さまざまな打ち合わせなど日々時間に追われております。
ブログの更新も滞っておりましたが、久々にアップします。

改修工事序盤の大きなプロジェクトでありました守護木「クスノキ」の伐採。
工事開始と共に小枝は伐採。

4月中に御霊抜きを行い、その時を待っておりましたが、いよいよその日がやって参りました。

3回に分けて切ります。
まずは上部の小さな塊。

小さな塊と思いましたが、下ろしてみるとさすがの重量感。
この部分はあまり痛みもなく、綺麗な切り口でした。

そして一番大きな塊となる胴体部分の伐採。

細心の注意を払いながら、徐々に切り口が大きくなっていき、地響きと共に切り倒されました。安堵感からか皆に笑いが。

動画でどうぞ。


そして一番下の太い丸太は、乾燥させ再利用致します。

 

切り株はこんな感じ。

真ん中に穴が空いてして、その周りがブヨブヨになっていました。

後日、これまでの感謝を込めて、住職自らカンナ掛けの後、サンダーで綺麗にさせてもらいました。

必要かどうか分かりませんが、銅板でフタを作りました。

 

丸太はこの後、佐川急便さんにご協力頂き、京都の工場まで運んでもらいました。
生まれ変わった姿で、また当寺へ戻ってくることができるでしょうか?
芯の部分に穴があったので、少々不安です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村