本堂補修工事と6月の朱印予定

昨年の台風21号の補修工事

5月20日から1ヶ月間程度、本堂の補修工事に入ります。

老朽化による外壁の補修と、昨年の台風21号による屋根の補修工事となります。
そして、引き続き、名取三十郎の墓地整備工事を致します。
ご参拝の皆様には、しばらくご迷惑をおかけ致しますが御協力の程宜しくお願いいたします。

創建四百年慶讃記念事業の一環となります。

補修工事の為に、山号額を外して修理、美装をしてもらってます。

山号額在りし日
なんか間の抜けた雰囲気。

外してみて分かったんですが、留め具が外れかけていて、とても危ない状態だったようでした。何事もない内に修理に出せてホッとしました。

定期的なメンテナンスって大事ですね。

改元記念御朱印

さて、6月の御朱印受付、予約の日程を発表しました。
5月にもたくさんの御参拝を頂いており、時折、予約のことや受付不可日のことをご存じない方がいらっしゃって、対応できないのが心苦しいときがありますが、どうかお察し頂きますようお願い申し上げます。

予約が無い場合も、受付可能日であればお預かりでの対応が可能ですので、どうぞ宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 御朱印
にほんブログ村 和歌山(市)情報
にほんブログ村 曹洞宗

山門落慶と彼岸法要

平成30年5月1日より着工した境内改修工事と山門の再建工事が竣工し、平成31年3月21日に落慶法要を行いました。

当日は、大荒れの天気予報にも関わらず、たくさんご参集頂き誠にありがとうございました。
幸い、天気も大崩れすること無く、無事に法要は円上し、新しい山門、そして整備された境内について、お喜びの声をたくさん頂戴いたしました。

強風が時折吹きますので、テントは下げたまま・・・堂内に入りきれずご不便をおかけした方々、背の低いテントで参列頂きました。ご不便おかけ致しました。

恒例の卒塔婆リレーは皆様の協力を得て

1619年、紀州徳川家初代徳川頼宣公が和歌山へ来て400年。当寺の創建もそれに伴い400年を迎えます。
江戸時代から伝わった山門は、1969年頃倒壊のおそれがあるため解体。
その後50年間、仮山門を利用してきましたが、ブロック塀と一体型であったため、これもまた昨今の地震、災害の被害等を考慮し、倒壊の危険性があるため、今回境内の改修と共に山門の再建に到りました。

改修前の様子
改修後の様子

工事の詳しい状況については、工事中には慌ただしくてアップできませんでしたので、今後少しずつ記事にしたいと思います。

にほんブログ村 御朱印
にほんブログ村 和歌山(市)情報
にほんブログ村 曹洞宗

ヨガ開催、朱印と水子供養について

お寺ヨガ~つきわ~ 開催
8月26日(日)午後2時より(開場午後1時半)60分程度
参加費:1,000円(一部を災害義援金とします)
夏の疲れをヨガでリフレッシュ!!

台風20号の影響により、改修工事関連作業を集中的に行うため、下記の期間において朱印の対応、水子供養のお申し込みにご注意下さい。
8月29日(水)から31日(金)
朱印対応:書き置きもしくはお預かりのみ
水子供養:期間中お休みいたします

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村