紀州妙連開花情報

※御朱印、納経、水子供養の案内は最後にあります。

先日お伝えした『紀州妙蓮』が開花しました。

後ろから遠巻きに見ると、幾重にも花びらが開いているのがわかります。

少しアップで。
この状態で見るのもきれいなのですが、表に回ってみると更に・・・

表側から見ると『本朝無双の珍華』と言われた所以がよくわかります。
花心に向かって紅色に染まる花びらが、次から次へと開いていきます。
この花は二つに大きく分かれています。
隣の蕾は、2日後ぐらいに開きはじめます。どのような花を見せてくれるでしょう。

 

※水子供養のお知らせ
本日以降のお申し込みについては、8月18日以降のご予約とさせて頂きます。
8月18日~8月25日までの地蔵盆水子供養会への御参拝をお願いいたします。

※水子地蔵へお参りのかたへ
8月10日午前中は、施食会のため大変混み合います。
山内駐車場のご利用は控えて頂くか、午後からのお参りをお願いいたします。

※御朱印のお知らせ
本日より8月25日までは、書き置きの対応のみとなります。(お預かり、返送も致しかねます)
8月8日から16日までは、一切の御朱印対応を致しかねますのでご了承下さいませ。
上記期間中、境内参拝はして頂けますが、時期によっては混み合いますのでご注意下さいませ。

※納経について
通常納経(ご持参)については、御朱印対応に準じます。
8月26日以降にご持参下さい。
郵送納経については、受付および納経証の返送は、9月1日以降となります。
9月1日以降にお申し込み下さいますようお願い申し上げます。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

紀州妙連と御朱印について

「紀州妙連」というのは私がつけた名前ですが、将来そう呼ばれるようになれば良いなという思いで育てる「妙連」です。
足利義満に「本朝無双の珍華」と呼ばれ、本場自生地の滋賀県では天然記念物に指定されています。

開花2日目の状況。
ここからどんどんと花びらが開いていき、2つか3つに分かれます。10コ以上に分かれる個体もあるようですが、当寺の花は大体2つか3つです。
もしかすると、そう見えているだけで中では分かれているのかもしれません。
紀州妙連

通常のハスは2、3日で花が落ちてしまいますが、妙連は咲き続けます。
でも種ができません。

上から見ると明らかに花びらの数が多いです。1本の茎に2000~5000枚の花びらがつきます。

今年はこれまでで最高の4つのつぼみがついてますので、天候が荒れない限り長く楽しめそうです。

大賀ハスも隣で咲き誇っています。こちらは7月に入ってからずっと咲いておりますので、すでにハスの実もできあがっています。

******************************

さて、ハスが咲き始めれば、お盆がやって来ます。

せっかくの夏休みなんですが、お寺にとっては忙しい時期となります。
御朱印の対応を下記の通り、少し制限させて頂きます。ご了承くださいませ。

書き置きのみの対応
7月28日~8月25日

御朱印の対応ができない日(書き置きも対応できません)
8月8日~16日

御朱印の対応時間
午前9時から午後5時まで
(正午~午後1時までの間は対応できない場合があります)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

アントニー逗留記。和歌山市観光ガイド動画(英語版)完成。

イギリス人歴史研究家アントニー・クミンズ氏が、5月中頃から1ヶ月間当寺に逗留されました。

逗留中は八面六臂の活躍で、和歌山市のため、恵運寺のため、そして何より名取流のために尽力下さいました。

その模様は、正忍記を読む会のブログにて公開しております。
http://ninja.ikora.tv/e1281178.html

忙しい合間に甥っ子の相手もしてくれました。
彼はまだ独身なのですが、とても子供が好きな様子で、早く結婚したいと漏らしてました。
できれば日本人と・・・と。誰か良い人いないものか。

最後のお別れパーティーには、自身でケーキを用意してくれましたが・・・

「山本」の文字がまぶしいです。
日本人にはない発想。名字を書く!!

さて、この逗留を通して市役所とも連携し、2人で取り組んだプロジェクトがあり、それがやっと完成しましたので、ここに紹介させて頂きます。

和歌山市観光ガイド~英語版~
YouTube恵運寺チャンネルにて公開開始しました。( Video2 「長屋門」のみ7月7日公開)

メジャーな所もマイナーな所も含め、海外の人が日本の観光、特に城下町に何を求めているのか・・・実は日本人は全くわかっていません。
たとえばお城の観光ガイド、海外の人たちが聞きたい情報は実は戦闘時の防護機能だったりします。

市役所だけではできない、日本人だけではできない、海外観光客だけではできない、みんなが一緒に力を合わせてこそ制作できる観光ガイドです。

海外観光客の一助となれば幸いです。

YouTube にて公開中。
https://www.youtube.com/channel/UCpb8NbtoI76beKQuN245Ehg

アントニー・クミンズ氏も自身のチャンネルで順次アップ予定です。
https://www.youtube.com/channel/UCkRwb4iXDfw-6FEgqkCQqUQ

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村
保存

保存