ハスの季節 白露

20160625_081928

暦の「白露」はまだ先ですが、ハスがそろそろ見頃になってきます。

本日、今年一番開花を見ました。梅雨空にハス一輪。

20160625_081806

 

蕾も出揃っているので、これからどんどん開花していきます。

ご参拝の折には是非ご覧ください。

20160625_082038

 

ここまでは大賀ハス。

今年は「紀州妙連※1」もすでに蕾が出ていて、早めの開花となりそうです。

一番の天敵は風。

早く養生しなければ・・・

20160625_082108

※1「紀州妙連」について
妙連は、インド原産の突然変異種で、通常のハスが八重化し、1本の茎に、花びらの数2000~5000枚、花の数2~12もの花が咲く特殊なハスです。
通常のハスは開花を繰り返し4日で散るのに対し、この妙連は一旦開花すると閉じることはなく、外側の花弁を少しづつ散らしながら20日近く咲いています。
その珍しさから大阪万博(昭和45年)では、数百年前の枯れ花が出品されました。
古くは足利義満が「本朝無双の珍華」と誉め称えたとされています。
国内では、滋賀の近江妙連、金沢の加賀妙連、府中の武蔵野妙連などのごく限られた地域にしか見られません。
当寺に咲くこの妙連もいつか「紀州妙連」として皆様に知られ、楽しまれる花になるよう大切に育てていきたいです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.