春に種まき秋に感謝 彼岸会

3月20日春分の日。
例年通り、春季彼岸会を厳修いたしました。
当日は、春の日差しが暖かく「本堂の中より外の方が気持ち良い」と、境内でのお参りもたくさん。テントの奥には白木蓮が満開です。

しかしながら、花粉症の季節でもあり、寒暖の差が激しい時節。
マスク姿の方もチラホラと・・・先代もマスク姿で随喜です。

かくいう住職もまた「鼻声」。誠に失礼いたしました。

皆さん方のご先祖様を敬い、感謝する姿がとても尊く、勤行にも熱が入ります。

今年から、卒塔婆の運び出しを男性陣にお任せする事に。
参列の皆様で、お手すきの方はどうぞご協力下さいませ。
お手伝い頂いた皆様方、ありがとうございました。

鼻声でグズグズの中、お話しさせて頂いたお彼岸の6つの心得。
・規則正しい世活
・心安らかな時間
・偏らない考え
・堪え忍ぶ強い心
・何事にも励む努力
・人のために尽くす真心

春は生活の種をまき、秋には生活の充実を喜び感謝する法要。
それがお彼岸。

日本の仏教徒は、年に2回のありがたい機会に恵まれています。

6つの心得はすべてつながっています。
どれか1つを成し遂げる事で、他の修行も自ずと果たされます。
あと2日。どうぞお励みを。

合掌

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.