クスノキの伐採

坐禅会のお知らせ 6月10日(日)午後1時30分より 初心者講習

 

境内の工事が進行中で、さまざまな打ち合わせなど日々時間に追われております。
ブログの更新も滞っておりましたが、久々にアップします。

改修工事序盤の大きなプロジェクトでありました守護木「クスノキ」の伐採。
工事開始と共に小枝は伐採。

4月中に御霊抜きを行い、その時を待っておりましたが、いよいよその日がやって参りました。

3回に分けて切ります。
まずは上部の小さな塊。

小さな塊と思いましたが、下ろしてみるとさすがの重量感。
この部分はあまり痛みもなく、綺麗な切り口でした。

そして一番大きな塊となる胴体部分の伐採。

細心の注意を払いながら、徐々に切り口が大きくなっていき、地響きと共に切り倒されました。安堵感からか皆に笑いが。

動画でどうぞ。


そして一番下の太い丸太は、乾燥させ再利用致します。

 

切り株はこんな感じ。

真ん中に穴が空いてして、その周りがブヨブヨになっていました。

後日、これまでの感謝を込めて、住職自らカンナ掛けの後、サンダーで綺麗にさせてもらいました。

必要かどうか分かりませんが、銅板でフタを作りました。

 

丸太はこの後、佐川急便さんにご協力頂き、京都の工場まで運んでもらいました。
生まれ変わった姿で、また当寺へ戻ってくることができるでしょうか?
芯の部分に穴があったので、少々不安です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.