南海電鉄主催「和歌山西国33カ所巡り」開催

本日、南海電鉄主催にて第1回語り部と行く和歌山西国三十三カ所めぐりが行われました。

ちなみにポスターにあります観音さまは、当寺の十一面観音さまです。

次回は、9月に行われるそうです。(お申し込みはお早めに)

本日は天気も良く、スタート地点では紀三井寺(本場西国第二番札所)の前田住職にご挨拶を頂き、和歌山西国観音霊場を第一番から第十番まで、徒歩と路線バスにて巡礼していただきました。

当寺恵運寺は、本日のゴール地点第十番札所。

皆さん暑さでバテ気味でしたが、和歌山名物駿河屋の「本の字饅頭」の蒸かし立てを口にされ、元気復活。

駿河屋の岡本社長から直々に、お店の成り立ちと本の字饅頭の謂われをご説明頂きました。
やはり歴史ある名物は、郷土の誇りですね。

私からもちょこっと説法。

ご参加いただいた皆さん、お疲れ様でした。
ゆっくりお休み下さい。そして、和歌山西国観音霊場とのご縁を大切にして頂き、またのご参加をお待ち申し上げております。

 

本日参加の方にだけ授与させて頂きました特別御朱印。

紫衣達磨と七夕地蔵。写真では分かりにくいですが、どちらもキラキラしています。
(通常は授与しておりません)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.