山門落慶と彼岸法要

平成30年5月1日より着工した境内改修工事と山門の再建工事が竣工し、平成31年3月21日に落慶法要を行いました。

当日は、大荒れの天気予報にも関わらず、たくさんご参集頂き誠にありがとうございました。
幸い、天気も大崩れすること無く、無事に法要は円上し、新しい山門、そして整備された境内について、お喜びの声をたくさん頂戴いたしました。

強風が時折吹きますので、テントは下げたまま・・・堂内に入りきれずご不便をおかけした方々、背の低いテントで参列頂きました。ご不便おかけ致しました。

恒例の卒塔婆リレーは皆様の協力を得て

1619年、紀州徳川家初代徳川頼宣公が和歌山へ来て400年。当寺の創建もそれに伴い400年を迎えます。
江戸時代から伝わった山門は、1969年頃倒壊のおそれがあるため解体。
その後50年間、仮山門を利用してきましたが、ブロック塀と一体型であったため、これもまた昨今の地震、災害の被害等を考慮し、倒壊の危険性があるため、今回境内の改修と共に山門の再建に到りました。

改修前の様子
改修後の様子

工事の詳しい状況については、工事中には慌ただしくてアップできませんでしたので、今後少しずつ記事にしたいと思います。

にほんブログ村 御朱印
にほんブログ村 和歌山(市)情報
にほんブログ村 曹洞宗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.