南龍公 秋のご縁日納経法要

10月10日は、南龍公(紀州藩初代藩主徳川頼宣)の秋の正当ご縁日として、当寺では記念御朱印を授与しております。
今年は残念ながら対面での対応は控えておりますが、代わりに郵送納経というかたちで皆様にご縁を結んで頂きました。
このご縁日の起源は、開運守護として南龍公をお祀りする江戸時代の開運祈祷会にちなんでおります。正月10日と10月10日に行われておりました。

令和2年10月10日
南龍公秋の正当ご縁日納経法要

皆様方からの写経は5巻にまとめました。


頂いたお供物もありがたく献供。

菊花酒

お供物の菊花を日本酒に浮かべて、菊花酒としてお供え。

無事に納経法要を終えた頃に、台風一過、晴天の秋空が顔を見せました。
皆さんから頂いた納経の祈願成就、供養成就、諸縁吉祥に天が微笑んでくれたのか。
納経志主の皆様方に、南龍公開運守護のご加護があらんことを。

南龍公秋の正当縁日、記念納経証は受け付けを終了しております。

にほんブログ村 御朱印
にほんブログ村 和歌山(市)情報
にほんブログ村 曹洞宗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.