お釈迦様のお誕生日

本日は、お釈迦様のお誕生日(降誕会)に当たります。

誕生仏に甘茶を掛けて手を合わせます。花祭りとも言いますが、最近ではこの行事も認知度が低くなってきています。

一方、ハロウィンやイースターは最近若者を中心に認知されてきています。
もっとも宗教的な意味合いよりも、楽しむためのイベント事としてですが・・・

企業の商略も有っての事と推察しますが、宗教儀礼を軽薄に商業と結びつける日本人の宗教観は独特な方向性を持っているように感じます。
そしてそのほとんどが、認知はしているが、実際にはあまりなじみのないキリスト教に向けられている点も興味深い事です。
西洋崇拝の名残でしょうか。

仏教の宗教儀礼に目が向けられない原因は何でしょうか?
馴染みがあり、深く信仰しているからこそ、軽薄に取り扱う事がはばかられるのか?
キリスト教よりももっと馴染みがなく、取り扱う事さえ思いつかない、もしくは取り扱っても目標が達成できないからなのか?

前者であって欲しいと思いますが、どうやら後者の向きが強いようにも感じます。

花祭りにはお寺で甘茶を飲んでホッとする。
そんな日常的な事から取り戻していかなければいけないように感じます。

20140408_062604

 

花祭り坐禅会は、4月13日(日)です。
初心者の方は、午後1時20分集合。
経験者の方は、午後2時からとなります。
もちろん甘茶ご用意しております。

参加ご希望の方は、073-424-7633(恵運寺)もしくは、otera@jtw.zaq.ne.jpまで。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.