「正忍記を読む会」第1回定例会

いよいよ始まりました。

「正忍記を読む会」定例会のスタートです。

先は長いですが、ぼちぼちとみんなで楽しんで学んでいきたいと思います。

大盛況で、机の並べ方を今後は考えていかないといけません。

まだ、生まれたばかりの会ですので、伊賀甲賀での講義風景とは違い、忍者のコスチュームの人はいません。
20140418_144342

第1回定例会のお題は「序文」「忍ぶ出立ちの習い」の豪華2本立て、盛りだくさんの内容でした。
講師役は、福田光男さん。
プロジェクターを使っての熱のこもった読み合わせでした。20140418_144410

正忍記というだけでなく忍術書というジャンルにおいて、この2項目はとても重要な箇所で、なかなか一筋縄ではいかないところでありますが、熱心に予習されたであろう講義内容はさすがに歴史の専門家という内容でした。
自作された資料も圧巻のボリューム。

今回の資料だけでも、忍者辞典と言えるかもしれないです。
第1回目に相応しい「忍者概論」的な定例会となりました。

今回は望月家に伝わる忍者のお茶「健保茶」を賞味致しました。
20140418_165726

第2回定例会は、5月16日(金)午後2時からとなります。

「正忍記を読む会」の詳細はこちら

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.