夜坐の会を行いました。

3月9日、定例の夜坐の会を行いました。

年度末・・・そして、寒雨。

体調不良でお休みの方もチラホラで、参加者が久しぶりにお二人でした。

しかしながら、かえって落ち着いた雰囲気で没頭できたかもしれません。
雨音と息づかいのみの本堂。

20160309_193410

お一人は初心者。

終わってからの感想。
『想像はしていたけど、実際に坐ってみると想像以上に苦行でした・・・』

とは言うものの、しっかり足も組めて姿勢も崩さず、居眠りもせず、初回というのになかなかの坐りっぷりでした。

どうぞ懲りずにご参加下さい。

次回の坐禅会は4月10日(日)午後2時より。

お釈迦さんの生誕を祝って、甘茶の振る舞いもございます。

※3月26日(土)にはヨガもございます。午後2時半開場3時から(要予約)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

古文書解読のエキスパート達

境内の白木蓮が満開を迎えております。
春の訪れを感じずにいられません。

20160308_161416

 

本日午後より愛知学院大学禅研究所の先生方が来寺されました。

江戸時代紀州藩(特に和歌山城下)の曹洞宗における僧録の調査にお見えになったとの事。
特にめぼしい史料もございませんが、手元の古文書をお目にかけました。
和歌山城下の曹洞宗寺院のそれは全国的には珍しい形態であったとの事です。

私の聞き及ぶ範囲の話とも接点があり、そういうことだったのかと一人合点がいっておりました。

で、まぁ、折角、古文書解読のエキスパートの面々が目の前に座っていらっしゃいましたので、ソロリソロリと忍者関係のお話へ。

名取流の著作もご覧頂き、色々とご教示頂きました。
名取三十郎の直筆、やはり私の睨んだとおり間違いないようで大きな収穫でした。調査に来られた先生方より、私が満足いたしました。

歓談の中で、大事な情報を探り当てる。忍術の如くでした。

先生方、お疲れ無きよう。

20160308_144142

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 曹洞宗へ
にほんブログ村

名取三十郎命日法要「正忍忌」厳修

正忍記を読む会主催にて、日本三大忍術伝書著者「名取三十郎正澄」の命日法要を厳修しました。

20160306_134932

この法要では、普段非公開としている名取三十郎とその奥方が刻まれている夫婦位牌をお祀りし、参拝者に手を合わせていただいております。

一般参加も可能ですので、機会がありましたらまたお参り下さいませ。

名取三十郎の縁者の方もお焼香に参列いただいております。

20160306_134122

墓前にての回向。

20160306_135650

曇り空でしたが、穏やかな気温でお勤めしやすかったです。

和歌山が生んだ江戸時代を代表する軍学者「名取三十郎正澄」。その生き様には、まだまだ謎がありますが、彼の書き記したものには侍の智恵がたくさん詰まっております。
それらは貴重な和歌山の知的財産であり、和歌山に住む我々がそれらを学び、後世に伝えなければならないと感じております。
数奇な巡り会いから平成の世に蘇った「名取流」の教えにより、和歌山を魅力有る街に!!

 

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村